脇

ワキガ対策は、まず原因を知ることから

暑い季節になると、避けられないのが汗。汗のニオイは誰でも気になりますが、特に「ワキガ体質」で悩んでいる方にとっては、夏場の汗は深刻な問題。

普通の汗臭さとはまた違って、ツンと鼻につくような不快なニオイがワキガの特徴です。ワキガのニオイの原因は、人間のワキ部分にある汗腺のひとつ「アポクリン腺」から分泌される汗。

この汗はもともと無臭なのですが、アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面の細菌によって分解され、あの独特のワキガ臭が発生してしまいます。

食の欧米化も、ワキガ原因のひとつ

s

日本人の約10人に1人がワキガ体質ですが、欧米では7割~10割がワキガ体質。この違いは、食文化の影響によるものが大きいようです。

欧米人がよく食べる肉類など高カロリーで高脂肪の食べ物は、アポクリン腺を活発にする作用があります。その逆に日本人がよく食べる穀物や野菜、魚にはポリフェノールやβカロテンなど、ワキガの改善に役立つ栄養素が含まれています。

しかし最近の日本人は野菜や魚中心の和食から、ファーストフードや肉類中心の欧米食に移行していますから、体質も欧米人に似てきて、ワキガ体質の人が多くなっているかもしれません。

野菜や魚が中心の、昔ながらのヘルシーな和食生活がワキガの対策として効果的であることは間違いないので、ワキガ体質で悩んでいる人は食生活を見直してみることをおすすめします。

肉類が中心の食事になってしまう時は野菜も多めにとるなど、バランスのよい食事を心がけるようにしたいものですね。




ワキガ対策、原因はひとつじゃない!?

日本人は欧米人に比べると、ワキガ体質の人は少ないのですが、少ないからこそ、ワキガになってしまうと悩みは大きくなってしまいます。

ほぼ全員がワキガ体質の欧米では、ワキガで悩んでいる人は少数です。欧米ではワキガのニオイは動物がもつフェロモンと同様の意識があるため、罪悪感はほとんどありません。

日本人は清潔好きな民族ですから、ニオイに対してはとても敏感なのです。ワキガ体質の人の原因となるのは『欧米よりの食生活』をはじめ複数の原因が重なっていることが多いのです。

ワキガ対策のためには、これらの原因をしっかり心得ておくことが大切です。

●遺伝によるワキガ体質

脇の下の汗腺のひとつ、アポクリン腺の数や分泌される汗の量は人によって異なりますが、これらは遺伝によるものがほとんど。ワキガは優性遺伝なので、両親のどちらかがワキガ体質である場合は5割の可能性、両親ともにワキガ体質なら約8割の可能性で子供に遺伝します。男性よりも女性のほうがワキガ体質が遺伝しやすいというデータもあります。

●多汗症によるワキガ体質

汗の量とワキガ体質についての関係性は証明されているわけではありませんが、普通の人より汗を大量にかく「多汗症」の人はワキガになりやすいようです。

●肥満によるワキガ体質

肥満体の人は汗を多くかくことから、体臭も強くなる傾向に。ワキガ体質の人はヤセている人よりも太り気味のほうが多いのも事実です。

●ストレスによるワキガ体質

ストレスを多く抱えたり、緊張したりすると、汗の量が増えますので、アポクリン腺の活動を活発にしてしまうことがあります。ワキガを気にしすぎることがストレスとなってさらに症状を強めるという悪循環になることもあります。


a

気になるワキガの効果的な対策

(公開: 2015年06月29日 更新: 2015年07月28日)

ワキガの悩みを解消する対策方法としては、病院で手術する方法もありますが、手術となるとお金も時間もかかるし大変ですよね。 そこまでしなくても、ふだんの生活習慣に気をつけることで、ワキガはある程度は改善します。具体的なワキガの対策法をあげてみました。 [減らしたほうがよい食べ物] ・ […]

気になるワキガの効果的な対策